チョコレートは何歳から食べれる?量や種類・海外はいつから大丈夫?赤ちゃんダメな理由は虫歯?

生活

ダイエットにもいいと言われているチョコレートですが、何歳から食べれるのでしょうか。

意外と知らない人は多いと思います。

また量や種類、また海外はいつから大丈夫なのか気になりますよね。

さらに赤ちゃんがダメな理由は虫歯なのか、詳しく調べていきたいと思います。

 

チョコレートは何歳から食べれる?量や種類はどんなの?

 

子どもにチョコレートを与えるのに「何歳からOK」という明確な決まりはないようです。

しかし、少なくとも、消化器官が未発達の離乳食期(1歳半まで)の間は控え、それ以降に与える

場合も、クッキーにのっているような少量のチョコレート程度が無難です。

なので板チョコなどの「チョコレート菓子」とよばれるものは3歳以降が目安になります。

しかし、中には実家や保育園、お友達の家などで思いがけずデビューしてしまうケースもあるよう

です。

量は1カケラくらいが良いかと思います。

子供はあればあるだけ食べてしまうので、親が管理してあげてください。

たとえ1カケラでも砂糖がたくさん含まれています。

種類は特になさそうですが、量を決めてあげすぎないようにしましょう。

 

チョコレートを食べれるのは海外はいつから大丈夫?

海外に関しても、日本と同じでアメリカや中国でも3歳頃からチョコレートを与えている家庭が多

いようです。

しかし、海外は赤ちゃんに産まれたらすぐピアスをあけたりするので、もしかしたらもう少し早く

からチョコレートをあげていそうなイメージがあります。

 

チョコレートが赤ちゃんダメな理由は虫歯対策?

赤ちゃんに良くない理由の一番は「味覚形成への影響」と言われているようです。

小さい頃に濃い味のものを与え続けてしまうと、大人になってからも濃い味を好む傾向となり、健

康に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるようです。

なので、離乳食や幼児期の食事が薄味を基本とするように、与えるおやつもできるだけ薄味のもの

から進められると子供の為に良いとおもいます。

そして赤ちゃんにチョコを食べさせてはいけない理由として、よく載っているのが、だいたい下記

の4つになります。

・虫歯になる
・アレルギーを起こす
・味覚形成に影響を与える
・中毒性がある

実は、チョコレートの原料であるカカオは、虫歯を抑える働きがあると言われています。

それではなぜ虫歯になるといわれるのでしょうか。

虫歯の原因になるのは、チョコレートに含まれる「糖」が原因です。

糖を食べると、口の中に常在している虫歯菌活発になって酸を出し、その酸が歯を溶かしてしまい

ます。

しかし、チョコレートや他のお菓子を食べても、その後きちんと歯磨きをすれば、虫歯にはなりま

せん。

なので「味覚形成ヘの影響」が1番なような気がします。

 

アンパンマン ペロペロチョコレートは何歳から?

 

アンパンマンペロペロチョコを販売している不二家ホームページには、以下のように記載されてい

るようです。

・アンパンマンペロペロチョコ 2歳~
・アンパンマンコロコロビスケッチョ 2歳~
・アンパンマンミニミニチョコレート 2歳~
・アンパンマンミニペロペロチョコ 記載なし
・アンパンマンチョコレート 記載なし

この記載通りだと2歳からあげても問題なさそうですが、アンパンマンペロペロチョコをみんなは

何歳から食べさせているのか調べたところ、「3歳」が一番多いようです。

なので、最後は親の判断になるのではないのでしょうか。

 

歯医者さんが作ったチョコレートは何歳から?

 

 

「歯医者さんが作ったチョコレート」はお口に入れてゆっくり溶かすだけのようです。

なので、ガムをまだ与えられない小さなお子様や、ガムを噛めない入れ歯の方も気軽にお口に入れ

ることができるようです。

ハート型でとても可愛いチョコレートですね。

むし歯になりやすいタイプの方は今まで「チョコレートは駄目」と言われてきたかもしれません

が、このチョコレートならそのガマンは不要です。

しかも、カカオは心を安らかにする作用があると言われています。

リラックスしたいとき、むし歯の心配をせずにチョコレートをゆっくり溶かしてください。

しかもカロリーが砂糖の4分の3なのでカロリーも気にせずに食べられそうですね。

歯医者さんが作ったチョコレートって初めて知りましたが、知らなかった人も多いのではないでし

ょうか。

普通のチョコレートより割高のような気がしますが、虫歯を気にせずに食べられるならいいですよ

ね。

また子供にも安心してあげられるとおもいます。

なぜ歯医者さんのチョコレートは虫歯の心配がないかというと、「歯医者さんが作ったチョコレー

ト」は、むし歯の原因である砂糖を使わず、「キシリトール100%」で甘味を出したことが重要な

ようです。

キシリトールだけで甘みがだせるってことも、今日初めて知りました。

色々と知らないことも、知ることができますね。

歯医者さんが作ったチョコレート気になったので調べてみました。

Amazonでみたところ、60g1個で760円、60g×3で1863円です。

やはり高めですよね。

スーパーのチョコレートは何百円で買えます。

でも試しに1度買ってみて試してみるのもいいかと思います。

なんとなく甘さが控えめなような気がします。

 

一般的な3歳児が食べても良い一回のチョコレートの量は?

チョコレートには砂糖だけでなく、カカオポリフェノールや食物繊維など、体に良いとされる栄養

素も含まれています。

幼児に絶対NGな食べ物ではないため、適量を守って少しの楽しみにする程度なら問題ないのではな

いでしょうか。

おやつで食べる際は、板チョコレートなら1〜3片程度が目安です。

一般的な幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリーの10〜15%といわれているので、チョコレー

トも同じように考えると良いとおもいます。

他のおやつをあげる場合は、チョコレートを控えるなど調整してください。

また、チョコレートは嗜好品で体にとって必須の食べ物ではないにもかかわらず、好きになると量

が調整しにくくどんどん食べる量が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

チョコレートを好きになってしまい食べ過ぎてしまい、ご飯を食べなくなってしまう可能性も十分

にありえるとおもいます。

自分で買える年齢になってしまったら、勝手に買って食べてしまうと思いますが、せめてその年齢

まででも親が注意してあげてほしいですね。

 

まとめ

今回はチョコレートは何歳から食べていいのか調べてみました。

子供を育てましたが、正直あまり気にしてなかったような気がします。

今となっては反省してます。

これから子供を育てる方や、今育児中の方は子供が欲しがっても、きちんとした量をあげることを

お勧めします。

子供は泣けばもらえるということを知っているので、それに負けずにそこは鬼になってください。

また子供の為でもあります。

そして小さい子にあげていけないのは、1番は「味覚形成への影響」といわれていますが、もちろ

ん虫歯の心配もあります。

小さい子供を歯医者に連れて行くのは本当に親も大変だし、小さい頃から虫歯で痛い思いをするの

はかわいそうなので、虫歯にならないようにすることですね。

小さいとなかなか痛がって歯を磨かせない子も多いとおもいます。

なので、なるべく甘いものは控えてあげることをお勧めします。

チョコレート自体は体に悪いものではないのであげてもいいですが、あげすぎには十分に注意して

ほしいです。

そして厳しくするところはきちんとするのが親だと、私はおもいます。

 

タイトルとURLをコピーしました